ニュース

厦門ストーンフェア レポート2018

 

今年で18回目を迎える国際ストーンフェアが中国福建省厦門で開催されました。

20を超える国と地域から1000を超えるブースが出展されるさまは、毎年のことながら

圧倒されてしまいます。

 

20180328 01

 

新しい石材との出会いを求めて会場をくまなく歩くのですが、魅力的な石に出会えるのは

毎年1石種か2石種くらいです。今年もいくつか見かけましたので、丁場調査の後にご紹介

したいと思いますのでご期待下さい。

 

フェアの会場では石だけでなく、石材用の機械や工具も多数出展されています。

そんな中からいくつかご紹介します。

 

20180328 02

 

チェーンソー型の岩盤切断機です。どのくらいのスピードで切断できるのでしょうか。

 

20180328 03

 

色調を自動で選別する機械です。濃淡を識別し分類ごとにシールを貼るとのこと。

本当に可能なのでしょうか。

 

20180328 04

 

石材用スキャナーです。大板サイズでも可能とのこと。スキャン性能が良ければ

在庫管理等に利用できそうです。

 

衰退傾向にあると言われている中国石材業界ですが、新型の工作機械類を見ていると

まだまだ捨てたものではないと感じます。

来年のストーンフェアでどんな石や機械に会えるでしょうか。今から楽しみです。