株式会社タカタについて

会社概要

ご挨拶

石器時代に始まった石と人との出会いは、石斧、鏃(やじり)、火打石等の生存第一主義的な意味から、信仰という精神的な拠り所へ進み、更に石の持つ堅牢さを生かした権力者の象徴とも云えるピラミッドやその他数々の遺跡に見られる石造建築へと発展して行きました。
又永遠の美を活かした芸術性豊かな石彫品や内外装の装飾は、人間の持つ創造の究極であり、後世の人達に今尚大きな感動を与え続けております。弊社は1897年の創業以来、自社採石場にて稲田石の採掘に取り組み、60年代後半からは稲田石に加えてヨーロッパ、アフリカ、アメリカ、カナダ、南米、韓国、中国など世界各国から原石を輸入し、設計、製造、施工と一貫した自社管理体制をもって常に高品質なプロダクトを提供させて頂いている石の専門工事業者です。

 弊社が提供させて頂いている製品群は、外壁、床などの建築石材の他、墓石、定盤、モニュメントなど多岐に渡っておりますが、いずれの製品においても夫々に違った表情、質感、特質をもつ天然石の特性を最大限に活かし切る事をモットーに石のプロとしての自覚をもって御客様にご満足頂ける仕事を提供してまいります。

 

会社概要

会社名 株式会社タカタ
資本金 57,550,000円
従業員数 50名
創業 明治30年 2月
本社所在地 〒309-1717 茨城県笠間市旭町255
TEL 0296-77-1173(代表)
FAX 0296-77-1351
役員一覧

代表取締役社長  中村 聡志
専務取締役    大類 泰郎

取締役東京支店長 久信田 拓

取締役総務部長  谷脇 文雄

取締役製造部長  吉田 政人
監査役兼相談役  森田 健夫

石工事許可 国土交通大臣許可 第1441号
取引銀行 三菱東京UFJ銀行 水戸支社
みずほ銀行 水戸支店
常陽銀行 笠間支店
足利銀行 水戸支店
筑波銀行 稲田支店
株主 上場会社 5社他

soshiki 4

 

 

沿革

1896年 (明治29年) 鍋島彦七郎氏 堂峯・西沢の採掘に着手。
石工 塩入久吉、四国高松から移住し、稲田石採石事業に協力。
1897年 (明治30年) 初代 高田愿一、鍋島商店の代理人としてして着任 創業。
1914年 (大正3年) 鍋島彦七郎氏の事業経営を高田愿一(初代)が継承し、高田商店を興す。
1920年 (大正9年) 合資会社高田商店設立。二代目 高田愿一、高田商店を継承する。
1958年 (昭和33年) 高田花崗石株式会社に改組。
1965年 (昭和40年) 東京営業所開設。 友部工場(西茨城郡友部町)開設。
1967年 (昭和42年) 高田石材株式会社に改名。
1968年 (昭和43年) 高田義一 代表取締役社長に就任。
1985年 (昭和60年) 株式会社タカタに改名。 本社を友部町に移転。
1997年 (平成9年) 創業100年。
2003年 (平成15年) 厦門事務所開設。
2004年 (平成16年) 高田浩雄 代表取締役社長に就任。
2017年 (平成29年) 創業120年。
2017年 (平成29年) 中村聡志 代表取締役社長に就任。

有資格者

1級建築士 1名
1級建築施工管理技士 1名
1級石材施工技能士 1名
2級建築施工管理技士 1名
2級土木施工管理技士 3名
2級造園施工管理技士 1名
シニア建築石材アドバイザー 2名
建築石材アドバイザー 13名

所属団体

全国建築石材工業会
日本石材産業協会
稲田石材商工業共同組合